ピルの避妊効果について解説。子宮内膜症や生理痛の改善にも効果があります。

ピルの効果 このページではピルの効果について解説していきます。
毎日飲んで備える低用量ピルと、緊急避妊用のモーニングアフターピルを飲むことで得られる、それぞれの避妊効果について詳しく解説します。避妊成功率はどの位か、また飲み忘れた時の避妊効果はどうなるのかもお話します。
そしてピルの避妊以外の効果、つまり月経トラブルや子宮内膜症、女性特有の癌などに対して期待出来る効果についても、詳しく説明致します。

ピルの高い避妊効果

先ず最初に、高い避妊効果が挙げられます。
低用量ピルモーニングアフターピルでは、一度に摂取する女性ホルモンの量が異なる訳ですが、そのため、避妊の仕組みは若干異なっています。

低用量ピルの避妊効果

低用量ピルは、ごく少量の女性ホルモンを毎日摂取することで、体内のホルモンバランスを妊娠中のものと近付け、排卵を起こさなくすることによって妊娠を防ぎます。28日で1周期とし、女性ホルモンを摂取するのは21日~24日で、新しい周期に入る前に7日~4日の「休薬期間」を置くことになります。
低用量ピルの妊成功率は抜群で、飲み忘れなどがなければほぼ確実に妊娠を防ぐと言われています。

女性の体は、体内の黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)の量で妊娠中かどうかを判断しており、妊娠中には排卵が行われません。
つまり、体内の黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)量を妊娠中と同じに保つことで、体を妊娠中と騙すことによって妊娠を防いでいるのです。
開発された当初は黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)だけの薬でしたが、より避妊効果を上げるために、現在では卵胞ホルモン(エストロゲン)も含まれた混合ホルモン剤が一般的になっています。

低用量ピルは「21~24日間毎日飲み続ける薬」です。休薬期間以外で2日以上飲み忘れると、避妊効果がなくなってしまうので要注意です。
1日忘れだったら、気付いたその時に前日の分を1錠飲み、その日の分も飲むことで取り戻せますが、2日以上飲み忘れた時は、避妊効果がなくなっています。ピルを飲むのは注意して、残っている薬は処分してしまって下さい。そして低用量ピルを続けたい場合は、次の生理の1日目から、新しいシートを飲み始めて下さい。
2日飲み忘れ~新しいシートを飲み始める前までは、避妊効果はなくなっています。この期間はコンドームなど、ピル以外の方法で避妊をして下さいね。

また、低用量ピルは一度に摂取するホルモン量が少ないため、副作用も比較的少なく、女性の体にとって楽な薬となっています。 以下の2種類は、特にお勧めの低用量ピルです。

お肌が気になる貴方も安心
ヤーズの通販
ヤーズ
ヤーズは副作用の原因である卵胞ホルモンの含有量が極端に少なく「超低用量ピル」と呼ばれる新しいお薬です。避妊効果のほかに、肌が綺麗になりむくみが取れる効果が期待出来るため、非常に人気があります。
ニキビと食欲増進なし!
ノベロンの通販
ノベロン
ノベロンは、成分と効果が世界的に承認されているマーベロン全く一緒の低用量ピルです。デソゲストレルは、食欲増進や大人ニキビの心配がほとんどなく、副作用がつらい女性も安心して使える低用量ピルです。

モーニングアフターピルの避妊効果

モーニングアフターピルとは、多めの黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)を一気に摂取することで、子宮内膜を無理矢理剥がし、受精卵が子宮に着床するのを邪魔することで、妊娠を防ぐ薬です。
受精卵が子宮に移動し、柔らかく厚い子宮内膜に着床したあと、胎児として育っていくというのが「妊娠」ですが、その子宮内膜を黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)を飲むことで無理矢理剥がす=強制的に生理を起こして、受精卵を着床出来なくしてしまうのです。

避妊効果が非常に高いことで知られていますが、最も効果的なのは性交の直後に飲むことです。以降、時間が経つ毎に避妊効果は落ちてゆき、性交直後なら95%の避妊成功率であるところが、72時間後には58%まで落ちてしまうことが知られています。つまり、飲むのが早ければ早い程効くということです。

そしてモーニングアフターピルは、危険な性交のあと、72時間以内に飲まなくてはならないという「服用のタイムリミット」があります。これは何故かというと、受精後、受精卵が子宮に着床するまでは、長くて72時間掛かると言われています。それまでに子宮内膜を剥がしてしまわなくてはならないということなのです。

以下は効果が高いことで世界的に有名で、値段も安いお勧めのモーニングアフターピルです。

避妊失敗!そんな時の緊急避妊薬
アイピルの通販
アイピル
アイピルは、緊急避妊の世界的スタンダード「ノルレボ錠」のジェネリック薬です。効果が高く低価格、しかも1回の服用でOK。信用出来るモーニングアフターピルです。

避妊以外の嬉しい効果

ここでは、低用量ピルの避妊以外の効果についてご説明致します。
「ピルの効果」と言えば避妊ですが、それ以外の効果についてのお話になるため、「飲み続ける薬」である低用量ピルの効果と思っていただいて構いません。
モーニングアフターピルは、多めの女性ホルモンを1回、もしくは2回だけ飲む薬であるため、副次的な効果については考えなくていいと思われます。

月経困難症を軽くする

生理の時の不快な症状、つまり腹痛、頭痛、だるさ、精神不安定などが激しく、とても辛い思いをしてしまうことは「月経困難症」と呼ばれています。低用量ピルは、この月経困難症の症状を軽くすることに非常に役立ちます。

女性ホルモンが子宮内膜の増殖を抑えるため、ピルを飲むと経血量と生理痛が減ります。
生理は、受精卵を受け止める準備として厚くなっていた子宮内膜が、必要なくなって剥がれ落ちて排出されるという現象です。子宮が収縮し、子宮内膜が剥がれる時の痛みが生理痛という訳です。
ピルの作用で子宮内膜が薄くなっているため、剥がすための収縮が激しくならないので、生理痛も経血量も少なくなるという訳なのです。

また、生理周期がきっちり28日間に整えられるため、旅行、運動、仕事、ダイエットなどの計画も立てやすくなります。生理の来る日がはっきり分かっているため、不意に洋服を汚すようなトラブルもなくなります。

低用量ピルによって生理をコントロール出来るということは、女性に大きな安心感と利益をもたらします。

月経前症候群を緩和

生理そのもののほかに、生理が来るまでの不調=月経前症候群も緩和されます。
最も大きな効果は、生理前のイライラ、落ち込み、落ち着かなさなどの精神的な不快感が軽減されることです。生理前はイライラして、どうしても彼氏や家族とケンカしてしまう……そんなお悩みを持つ女性には、とても嬉しい薬です。

もちろん、眠気、吐き気、頭痛、腹痛、だるさなどの身体的症状も和らぎます。

子宮内膜症の進行を防ぎ、子宮体癌のリスクを低くする

子宮内膜症は、本来は子宮の中で出来る子宮内膜が、子宮の外で作られて増殖してしまう病気です。子宮内膜は生理によって剥がれ落ちる訳ですが、子宮の外で作られた子宮内膜も、同じように剥がれます。子宮内の子宮内膜は生理の時に正常に体外へ排出されますが、子宮外の子宮内膜はきちんと排出されずに、他の臓器と癒着を起こして様々な問題を起こします。
多くは痛みです。下腹部痛、性交痛、排便痛、腰痛などが見られます。生理痛もどんどん酷くなることが多いです。

ピルを飲むと、子宮内膜が厚くならないため、症状が軽くなります。

同じ理由から、子宮内膜に発生する子宮体癌の発生リスクも低くなります。

卵巣癌を予防

卵巣癌は、卵巣表面の上皮細胞から発生することが多いです。排卵は「破裂と修復」とよく言われますが、排卵が起こることによって卵巣上皮が破けたあと修復されるという現象が起こっています。これを繰り返しているうちに癌が発生すると考えられています。

低用量ピルを飲むと排卵そのものが起こらなくなるため、卵巣癌の発生の可能性も低くなるのです。

実際に統計では、ピルを飲むことによって卵巣癌発症リスクを約30%現象させると出ています。10年間ピルを飲み続けた場合の減少率は50%にもなり、更にこの効果は、服用中止後20年継続すると言われています。

以下は世界中で広く、長く使われている、実績ナンバーワン低用量ピルのトリキュラーです。

人気・実績ナンバーワン
トリキュラーの通販
トリキュラー
トリキュラーは世界で最も普及している低用量ピルのひとつです。長く、広く使われてきた実績があるため、効果の高さと安全性が確認されている最も安心な低用量ピルの一つです。

第3・第4世代ピルは「綺麗になるピル」?

ヤーズなどの第四世代の低用量ピルは、使われている合成黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)がドロスピレノンという新しい成分です。
ドロスピレノンは、これまでのほかの合成黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)とはちがって、男性ホルモンからではなく、利尿ホルモンを元にして作られました。

このため、低用量ピルの厄介な副作用として知られるアンドロゲン作用(男性化症状)の典型的症状である、大人ニキビの発生がかなり抑えられることになりました。
また、利尿ホルモン由来ですので、体の余分な水分が排出されやすくなり、むくみが取れるようになります。

大人ニキビが抑えられ、むくみがとれることから、「肌が綺麗になり痩せるピル」などとも呼ばれています。