ピルの病院処方

ピルの病院処方 このページでは、ピルの病院処方について解説していきます。
自分の分なら通販で手に入れることも出来るピルを、病院で処方してもらうことの利点や、注意点についてお話致します。また、ピルを処方してもらうための病院の選び方も解説していきます。

ピルは処方箋薬です

ピルは日本では「処方箋薬」です。風邪薬などのようにドラッグストアで気軽に買うことは出来ません。
何故なら、ピルは「女性ホルモンそのもの」であり、まちがった使い方をすると、ホルモンバランスが崩れて、様々な体調不良を招く可能性がある薬であるからです。

医師の指導の下で正しく使えば、女性の毎日に大きなメリットをもたらしますが、不勉強のままで安易に使用してはいけません。

ピルを病院で処方してもらうことの利点

医師が自分にピッタリのピルを選んでくれます

病院処方の一番の利点は、専門家の正しい指導の下でピルを使用出来ることです。

処方前に病院で検査をすれば、様々な種類がある中でも、自分の体質にぴったり合ったものを医師が選んでくれます。そして、正しい飲み方も指導してくれます。

不安が出てきたときにすぐ相談&対処が出来る

また、ピルを飲み始めたあとに気になる点や疑問点が出てきたときも、遠慮なく相談することが出来ます。
副作用かな?と思う不調や、飲み忘れなど、飲んでいて不安に思うことをすぐに相談出来る安心感は、計り知れません。

ピルを病院で処方してもらうための注意点

通い易い病院で!

低用量ピルは「飲み続けるお薬」です。そのため、遠かったり行きづらかったりする場所にある病院だと、継続がしんどくなってしまいます。また気分が悪くなるなど、飲んでいて心配なことが起こったときにも、すぐ駆け付けられる場所にあることは非常に重要です。無理なく通える距離と立地の病院で処方してもらうことを、強くお薦め致します。

ピルの扱いがあるかどうか確かめておく

肝心なことですが、通いたい病院でピルの取扱があるかどうかは、事前に電話などで確認しておきましょう。

婦人科・産婦人科ならほぼまちがいなく取扱っていますが、中にはピルの使用に積極的でない医師も存在します。
病院の口コミなどをチェックし、出来るだけピルに肯定的でよく勉強している医師のいる病院に出掛けてみて下さい。

保険適用外なので公立の医療機関では処方されません!

避妊のために使用する場合は、保険はほぼ適用されません(月経困難症など、ほかの疾患の治療のためであれば保険適用になる場合もあります)。
そのため、公立の医療機関では処方されません。ご注意下さい。

人気・実績ナンバーワン
トリキュラーの通販
トリキュラー
トリキュラーは世界で最も普及している低用量ピルのひとつです。長く、広く使われてきた実績があるため、効果の高さと安全性が確認されている最も安心な低用量ピルの一つです。
お肌が気になる貴方も安心
ヤーズの通販
ヤーズ
ヤーズは副作用の原因である卵胞ホルモンの含有量が極端に少なく「超低用量ピル」と呼ばれる新しいお薬です。避妊効果のほかに、肌が綺麗になりむくみが取れる効果が期待出来るため、非常に人気があります。
ニキビと食欲増進なし!
ノベロンの通販
ノベロン
ノベロンは、成分と効果が世界的に承認されているマーベロン全く一緒の低用量ピルです。デソゲストレルは、食欲増進や大人ニキビの心配がほとんどなく、副作用がつらい女性も安心して使える低用量ピルです。
ピンチの時に一度でよく効く
アイピルの通販
アイピル
アイピルは、緊急避妊の世界的スタンダード「ノルレボ錠」のジェネリック薬です。効果が高く低価格、しかも1回の服用でOK。信用出来るモーニングアフターピルです。