フェミロンの高い避妊効果。女性ホルモンの働きで婦人科系の他の症状も和らぎます

このページではフェミロンの効果について解説します。フェミロンは含有女性ホルモン量の少ない「超低用量ピル」ですが、避妊効果は普通の低用量ピルと同じ位あり、きちんと服用すればまず妊娠しません。その他、「月経困難症の治療」「月経前症候群の症状の緩和」ほか、女性ホルモンを服用することで得られる恩恵がたくさんあります。

フェミロンの通販は、あんしん通販薬局がお勧めです。

フェミロンの避妊効果

フェミロンは女性ホルモン含有量が極力抑えられた「超低用量ピル」ですが、一般的な低用量ピル同様、非常に高い避妊効果があります。毎日同時刻にきちんと飲み続けた場合の避妊成功率は99%で、まず妊娠しません。避妊効果は生理初日の飲み始めならその日から、それ以外でも約7日目から発揮されます。

フェミロンを飲むと、体内の女性ホルモンのバランスが「妊娠中のものと同じ」になります。そのため、脳が「現在妊娠中である」と判断し、体が妊娠のための準備をしなくなります。具体的には「排卵が行われない」「子宮内膜が厚く育たない」「子宮頸管の粘液の粘度が上がる」現象が起きます。排卵が行われなければ当然妊娠出来ませんし、子宮内膜が十分育っていないと受精卵の着床が不可能になり、子宮頸管の粘液がねばっこくなると精子が子宮に入りづらくなるので、これまた受精しづらくなると、三方面から妊娠の邪魔をするかたちになります。これが、フェミロンの避妊の仕組みです。

フェミロン(超低用量ピル)

フェミロン

フェミロンは「超低用量ピル」♪吐き気や肌荒れの副作用が少なく安心♪

7箱セット:16,660円11,150円

フェミロンの避妊効果以外の効果

月経困難症・月経前症候群の治療

避妊以外のフェミロンの効果で、大きなものとしては、月経困難症の治療と月経前症候群の症状の緩和ということがあります。

月経困難症とは、生理中の様々な症状が重すぎて、日常生活に支障をきたす状態のことを言います。最も多い症状は生理時の腹痛で、一般的には「月経痛」「生理痛」と呼ばれるものです。下腹部の酷い痛み、寒気、吐き気などで、横になっていることしか出来ない女性も珍しくありません。フェミロンの嬉しい効果として、この酷い生理痛を和らげるというものがあります。その他、フェミロンを飲んでいると子宮内膜が厚く育たないので、経血(=生理時の出血)量が減ります。経血は「妊娠しなかったため不要となった子宮内膜が排出されたもの」であるので、納得ですね。

そして「生理前の苛々、落ち込みなどの辛い精神症状」である月経前症候群も軽くなります。これは何故かというと、生理前の減少としての「体内ホルモン分泌量の激動」が、フェミロンを飲んでいると緩やかになるからです。女性ホルモンの分泌量が激しく変化すると、精神的に不安定になることが知られています。そのため、フェミロンでこの現象が抑えられてしまうと、月経前症候群の症状も軽くなることが知られています。

婦人科系の不調の治療と緩和

フェミロンの影響は、月経以外の女性特有の体の不調にも影響を与えます。

先ず挙げられるのは、子宮内膜症の症状の緩和です。月経の項目でも述べた通り、フェミロンを服用していると、妊娠に備えて子宮内膜が厚く育つという体の活動が抑えられます。子宮内膜症は、子宮以外の場所で発生し、育ってしまった子宮内膜が、腹痛など様々な症状を起こす病気です。フェミロンを飲んでいると、「子宮内膜の成長をさせるな」という司令が脳から出ている状態になりますので、困った場所で発生した子宮内膜の成長も抑えられることになります。そのため、子宮内膜症の進行がストップし、症状が重くならないという利点が生まれます。

そして、フェミロンを飲んでいると、同時に脳から「排卵をストップせよ」という司令も出ていることになりますので、排卵もストップされています。卵巣癌は、排卵が起こる時の刺激で卵巣に癌細胞が発生することにより発生することが知られています。排卵が起こらないので、当然排卵の刺激もない訳で、そのせいで卵巣癌になるリスクが低くなると言われています。

生理期間の調節

フェミロンは、全ての錠剤が同じ配合である「一相性ピル」です。全ての錠剤が同じ量の女性ホルモンであると、生理期間の調整が簡単であるという利点があります。トリキュラーのような「三相性ピル」は、女性ホルモン含有量が、飲み始め→休薬期間直前までで3段階に変化します。このような低用量ピルは「どの錠剤を何番目に飲むか」が厳密に決められているため、休薬期間をずらしにくく、その結果生理期間をずらしにくいという特徴があります。

休薬期間をずらすことが生理期間をずらすことに、何故なるのかというと、フェミロンのような低用量ピルを服用中には、生理(=消退出血)は、休薬期間に来るからです。
例えば、「生理期間を予定よりも5日早く来させる」ためには、休薬期間に、予定よりも5日早く入ればいいということになります。具体的には、フェミロン服用開始から17日目から、7日間フェミロンの服用をお休みすれば、この期間に生理(=消退出血)が来ます。
逆に、生理期間を5日遅らせたい場合は、フェミロン服用開始から26日目までフェミロンを飲み続け(フェミロンのシートには21錠しかセットされていないので、次のシートの5日目分まで飲むことになります)、27日目から休薬期間に入れば良いのです。

フェミロンの有効成分について

フェミロンの有効成分は、卵胞ホルモン(エストロゲン)であるエチニルエストラジオール(EthinylEstradiol)と、黄体ホルモン(プロゲストーゲン)のデソゲストレル(Desogestrel)です。デソゲストレルの効果が非常に強いため、吐き気などのピルの主な副作用の原因となるエチニルエストラジオールの含有量を、極力抑えることに成功しています。

デソゲストレルは第三世代の黄体ホルモン(プロゲストーゲン)で、原料はメキシコ産の山芋です。第二世代までの低用量ピルに使用されていた黄体ホルモン(プロゲストーゲン)であるレボノルゲストレルは、男性ホルモンから作られた合成女性ホルモンだったため、アンドロゲン作用(男性化症状)が強いという欠点がありました。そのため、あごに出来る大人ニキビや、食欲増進からくる体重増加に悩まされた女性も少なくありませんでしたが、山芋から作られたデソゲストレルはアンドロゲン作用(男性化症状)を起こす心配がないため、これらの副作用を恐れずに低用量ピル=フェミロンを使うことが出来ます。

フェミロン(超低用量ピル)

フェミロン

フェミロンは「超低用量ピル」♪吐き気や肌荒れの副作用が少なく安心♪

7箱セット:16,660円11,150円