ノベロン(マーベロン)の副作用。飲まない方がいい人もいます

このページでは、ノベロンの副作用について解説していきます。
ノベロンは副作用の少ないことで有名な低用量ピルですが、体質に合わない人もいます。このページではノベロンの副作用の症状と、飲まない方がいい人はどんな人かについて解説します。

ノベロン(マーベロン)の通販は、あんしん通販薬局がお勧めです。

ノベロン

ヤーズ

ノベロンは、副作用の少ないマーベロンのジェネリック薬です。
お値段もお手頃です。
7箱:13,160円8,807円

ノベロン(マーベロン)の軽い副作用

お肌に優しく、食欲増進なし

第2世代の低用量ピルは、避妊効果の高い素晴らしい薬ですが、合成黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)が男性ホルモンから作られていたため、アンドロゲン作用(男性化症状)が強いという弱点がありました。ノベロンは、野生の山芋が原料のデソゲストレルが使用されているため、この心配が全くないのがうれしいところです。
アンドロゲン作用(男性化症状)の主な症状は、食欲増進と大人ニキビという、美容に敏感な女性にとっては辛いものです。
第2世代までの低用量ピルで、これらに悩まされてきた女性も、ノベロンは安心して使うことが出来ます。

つわりに似た副作用について

つわりに似た副作用は「マイナートラブル」と呼ばれています。吐き気、頭痛、乳房の張りや痛みといったマイナートラブルは、低用量に含まれる卵胞ホルモン(エストロゲン)が原因となって引き起こされています。
ノベロンは、合成黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)であるデソゲストレルの作用が強いため、卵胞ホルモン(エストロゲン)の含有量は超低用量に抑えられています。つまり、マイナートラブルが少ない低用量ピルであるということです。
これまで吐き気などが苦しくて低用量ピルの使用を諦めていた女性も、ノベロンなら試してみることが出来ます。

主なマイナートラブルは以下になります。もしノベロンを服用することで、これらが起こったとしても、2シートめ、3シートめと飲み続けているうちに、ノベロンに体が慣れて薄れてくる場合がほとんどです。しばらく落ち着いて様子を見てみましょう。

  • 吐き気・嘔吐
  • 頭痛
  • めまい
  • 眠気
  • 乳房痛・乳房の腫れ
  • 食欲不振
  • 下腹部痛・腹部不快感/li>
  • 腹痛
  • 便秘
  • 下痢
  • 胃腸炎
  • 口内炎
  • 湿疹
  • じんましん

重篤な副作用

血栓症について

発生率は極めて低いですが、他の低用量ピルと同様、ノベロンも血栓症になるリスクがゼロではありません。血栓症は血が固まって血管を塞ぐ病気です。これが脳や肺のそばで起こると、呼吸困難になって命の危険がある場合があります。
血栓症は、初期症状を見逃さないことがとても大事です。以下の症状が表れたら、直ちにノベロンの服用を中止し、医師の診断を受けて下さい。その際は医師にノベロンという低用量ピルを服用中であるとはっきり伝えましょう。

血栓症初期症状

  • 手足、特にふくらはぎの痛み・痺れ・腫れ・むくみ
  • 突然の息切れ
  • 呼吸が苦しい
  • 深呼吸で胸が痛い(主に吸う時)
  • 視野が欠ける
  • 急激な視力の低下
  • 目の痛み
  • 頭痛
  • 半身麻痺(主に片側)
  • 口がもつれる
  • 意識混濁

このように恐ろしい血栓症ですが、生活態度を改善することで、なりにくい体質になることも可能です。
血栓症のことをよく知らないまま、無闇に恐れて、女性を望まぬ妊娠から守るために非常に役立つ薬=ノベロンまで怖がってしまったら、余りにももったいないというもの。
正しく血栓症を学んで、安全にノベロンを生活に取り入れていけたらいいですね。

以下のリンクに、血栓症を防ぐ生活についてまとめてあります。是非一度ご覧になって下さいね。

その他の深刻な副作用

ノベロンの長期使用において、乳癌と子宮頸癌の発症リスクがわずかに上昇する可能性があります。
乳癌は、自己検診のやり方を習って定期的にチェックするとよいでしょう。また、不正出血が続く場合は、子宮癌の検査の必要があります。
定期検診を受ければ安心です。期間は半年~1年に1回程度がよいでしょう。

ノベロン(マーベロン)を飲んではいけない人

ノベロンというよりも、低用量ピルを飲んではいけないのは以下の人になります。

  • 35歳以上で1日15本以上煙草を吸う人
  • 血栓症の人
  • 乳癌、子宮癌の人
  • 高血圧の人
  • 妊娠中、授乳中の人

上記に当てはまる人は、低用量ピルで女性ホルモンを摂取することにより、血栓症のリスクが高くなったり、元々持っている病気を悪化させる危険性があります。医師と相談の上、ピル以外の避妊方法を採用して下さい。

副作用を正しく学んで恐れない

規則正しい生活、禁煙、肥満防止を心掛ければ、ノベロンによる副作用は、極めて起こりにくくなります。

ノベロンは非常に避妊効果が高くて体に優しい、とても利用価値の高い薬です。副作用を極端に恐れないようにしましょう。ノベロンを正しく知って、是非生活に取り入れてみて下さい。

副作用の極めて少ないノベロン(マーベロン)

低用量ピルだけの話ではなく、全ての薬において、副作用ゼロということは有り得ません。なので、無闇に怖がるよりも、しっかり学んで予防や対処をすることが肝心になります。

ノベロンは低用量ピルの中でも、極めて副作用の少ない薬です。理由は、ノベロンに使われている黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)はデソゲストレルというもので、野生の山芋が原料です。そのため、男性ホルモン由来の合成黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)が使用されていた第2世代の低用量ピルとちがって、アンドロゲン作用(男性化症状)と呼ばれる副作用の心配が全くありません。
また、デソゲストレルの作用が強いため、卵胞ホルモン(エストロゲン)の含有量が極めて少なくて済んでいます。卵胞ホルモン(エストロゲン)は吐き気・頭痛など「マイナートラブル」と呼ばれるつわりに似た副作用の原因となっています。つまりこれらの作用も少ないと予想出来ます。

ノベロン(マーベロン)
内容量/1箱 21錠
4.0
在庫状況
在庫あり
決済方法
  • カード
  • 銀行振込
配送方法
自宅郵送、郵便局留め可
ノベロン

ノベロンなら安心!お肌と体に優しく避妊効果もばっちり☆

ノベロン(マーベロン) まとめ買いがお得です!

本日注文すると最短で9月30日(土)に届きます。

内容量…1シート/21錠(ひと月分)
有効成分…デソゲストレル、エチニルエストラジオール
分類…低用量ピル(第三世代・一相性)
製薬会社…オルガノン社