ヤーズの値段を徹底検証。病院処方と通販での値段の違いについて

このページではヤーズの値段について解説します。ヤーズは日本では処方箋薬ですが、通販でも入手することが出来ます(※買った本人のみの使用に限る)。病院のピルと通販のピルは全く同じものですが、値段には開きがあります。
ヤーズの病院処方と通販の値段のちがいとその原因、またそれぞれの入手方法の利点を説明致します。

ヤーズの通販なら、あんしん通販薬局がお勧めです。

お肌が気になる貴方も安心
ヤーズの通販
ヤーズ
ヤーズは副作用の原因である卵胞ホルモンの含有量が極端に少なく「超低用量ピル」と呼ばれる新しいお薬です。避妊効果のほかに、肌が綺麗になりむくみが取れる効果が期待出来るため、非常に人気があります。

ヤーズの病院処方時の値段は2種類

ヤーズの保険適用時の値段

ヤーズは、月経困難症の薬として処方される場合は、保険が適用されます。
その場合の値段は、3割負担だと、28錠入り1シートで2,300~2,400円になります。

ヤーズの保険適用外の値段

しかし、避妊薬としてヤーズを病院処方する場合は、保険適用外になってしまいます。
その場合の値段は約7,000円になります。そして病院処方の場合は、一度に1シートしか購入出来ません。
ヤーズは2010年認可の新しい薬のため、一度に大量に渡してはならないことになっているからです。

ヤーズそのものの値段のほかに

薬そのものの値段の他に、検査をする場合は検査費用が掛かりますが、体重・血圧測定などの一部を覗いて、大抵検査費用は自費で3,000円程度になります。

その他、通院のための交通費も必要となります。
医師の指導の下でヤーズを使用する場合は、疑問や不安点などすぐに相談出来るという利点がありますが、総合で値段は高めになります。

ヤーズを通販で購入する時の値段

ヤーズの通販での値段は

通販のヤーズの値段は、28錠入り1シートで4,180~4,480円(1錠辺り149円~160円)くらいになります。

ヤーズの通販サイトはほとんどが「個人輸入代行業者」のサイトです。
ヤーズは処方箋薬ですが、法律では「自分個人の使用に限り、処方箋なしでも購入可能」とされており、個人輸入代行業者から自分だけの分を購入することは、合法ですので安心してご利用下さい。
因みに、パッケージなど外国語の場合がありますが、中身は国内販売のものと全く同じです。

通販ならまとめ買いで値段も易く

通販のヤーズは「個人輸入」の扱いになり、自分のみの個人使用の場合はまとめ買いが可能となります。
家族や友人の分を一緒に入手することは違法となりますのでご法度です。十分注意して下さい。

サイトによってはまとめ買い割引もあるため、病院処方よりもかなり安い値段でヤーズを手に入れることが出来ます。

ヤーズの病院処方と通販それぞれの利点

病院と通販、それぞれの良さ

低用量ピルのヤーズは、女性ホルモンを摂取することで女性の体に影響を与えるお薬ですので、飲み始めはいろんな不安があることと思います。
初めてだと、副作用ひとつとっても、直ちに医師に相談すべきものなのか、いずれ慣れる他愛もないものなのか、判断しづらいですよね。
特に飲み始めて間もなく体調の変化を感じた場合、とても不安になってしまうことも考えられます。

しかし一方で、ヤーズは「飲み続けることで効果を持続させる薬」でもあります。毎月決められた分量を飲み続ける必要があるとなれば、毎月の購入の値段を抑えたいと思うのも自然なことです。

ヤーズの値段と購入方法を使い分ける

そこで、ヤーズを最初に使う時は医師に相談して処方してもらい、体がヤーズに慣れたら、続きを通販で購入するというように、購入方法と値段を使い分けることをお勧め致します。

正しい知識の下でならば、ヤーズはとても利用価値のある薬です。
無闇に怖がらず、逆に薬の特色を学ばずに安易に取り入れることもなく、賢くヤーズを利用してみて下さいね。

ヤーズの通販なら、あんしん通販薬局がお勧めです。

ヤーズ
内容量/1箱 28錠
4.0
ヤーズ

ヤーズはお肌にも優しい「超低用量ピル」です♪

内容量…1シート/28錠(ひと月分)
有効成分…ドロスピレノン、エチニルエストラジオール
分類…低用量ピル(第四世代・一相性)
製薬会社…バイエルシェリング