ヤーズの副作用

このページでは、ヤーズの副作用について解説していきます。
副作用についての正しい知識を身に付けて、メリットいっぱいのヤーズを安全に生活に取り入れていきましょう。
お肌が気になる貴方も安心
ヤーズの通販
ヤーズ
ヤーズは副作用の原因である卵胞ホルモンの含有量が極端に少なく「超低用量ピル」と呼ばれる新しいお薬です。避妊効果のほかに、肌が綺麗になりむくみが取れる効果が期待出来るため、非常に人気があります。

「超低用量ピル」と呼ばれる理由

低用量ピルの副作用の原因は、主に卵胞ホルモン(エストロゲン)です。ヤーズはその卵胞ホルモン(エストロゲン)をこれまでになく少なく配合した「超低用量ピル」と呼ばれる薬であり、一般的な低用量ピルの副作用は少なく抑えられています。

しかしながら、勿論皆無ではありません。安全にヤーズを使用するために、ヤーズの副作用についてしっかり知っておきましょう。

ヤーズの軽い副作用

肌荒れが少ない

また、黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)は、日本初使用のドロスピレノンで、これは利尿ホルモン由来の合成黄体ホルモンであるため、他の男性ホルモン由来の黄体ホルモンを使用している低用量ピルによくあるアンドロゲン作用(男性化症状)も起こりません。
典型的な症状である顎の大人ニキビなどは、逆に抑えられ、肌が綺麗になると言われる程です。

つわりに似た副作用について

しかし、ヤーズもまた「女性ホルモンを服用することによって体内のホルモンバランスを整える薬」である以上、一般的な低用量ピルと同様の副作用は、皆無ではありません。

ヤーズは飲み始めに不正出血が起こしやすいことが知られています。普通低用量ピルを飲み始めると、経血量は減るものですが、ヤーズの場合は一時的に増えることがあるようです。これは体内のホルモン状態が変化するためで、それほど心配要りません。2~3ヶ月の間に2~3シートと飲み続け、体がヤーズに慣れてくると次第に軽くなってきます。その頃には経血量も落ち着いてくるので、慌てずに様子を見続けて下さい。

その他、つわりに似た副作用としては、

  • 吐き気・嘔吐
  • 食欲不振
  • 下腹部痛・腹部不快感/li>
  • 腹痛
  • 便秘
  • 下痢
  • 頭痛
  • 乳房痛・乳房の腫れ
  • 胃腸炎
  • 口内炎
  • 不眠症
  • 傾眠
  • めまい
  • 湿疹
  • じんましん

などがあります。一緒にとると良くない薬や食べ物があり、これらの症状が酷くなることがありますので、十分に注意して下さい。
また、喫煙量や年齢によって心血管系の副作用が生じることがありますので服用する場合は禁煙が必要です。

重篤な副作用について

最も恐ろしい副作用、血栓症

ヤーズの副作用として最も恐ろしいものに「血栓症」があります。これは血管の中に血の塊が出来て血管が詰まる病気です。主に脚で出来た血栓が押し流されていき、肺や脳の血管が詰まると、命を落とすこともある、恐ろしい病気です。

厚生労働省は、2010年11月のヤーズ発売以降、国内で、10代~40代の女性3名が血栓症で死亡したと発表しました。死亡した方は月経困難症の治療薬としてヤーズを使用中でした。2014年1月17日付で、厚生労働省は医療機関への注意喚起を行うよう、製造販売業者に指示しました。
また、厚生労働省のサイトの中で「月経困難症治療剤「ヤーズ配合錠」投与患者での血栓症に関する注意喚起について」というページを設け、ヤーズユーザーに注意を呼び掛けています。

血栓症は恐ろしい病気ですが、早めの発見で命を落とすことを回避することが出来ます。
そのためには初期症状をよく知ることが肝心です。
ヤーズ服用中に以下のような症状が現れた場合は、直ちに服用を中止して下さい。そして早めに医療機関へ出向き、医師にヤーズを服用中であることを告げ、血栓症の可能性を念頭においた診察を受けて下さい。

血栓症初期症状

  • 手足、特にふくらはぎの痛み・痺れ・腫れ・むくみ
  • 突然の息切れ
  • 呼吸が苦しい
  • 深呼吸で胸が痛い(主に吸う時)
  • 視野が欠ける
  • 急激な視力の低下
  • 目の痛み
  • 頭痛
  • 半身麻痺(主に片側)
  • 口がもつれる
  • 意識混濁

また、恐ろしい血栓症ですが、生活態度を改善することでなりにくい体質になることも可能です。
血栓症のことをよく知らないままに無闇に恐れて、女性の体を望まぬ妊娠から守るために役立つ薬=低用量ピルまで怖がってしまったら、余りにももったいないというもの。
正しく血栓症を学んで、安全にヤーズを生活に取り入れていけたらいいですね。

その他の深刻な副作用

ヤーズの長期使用において、乳癌と子宮頸癌の発症リスクがわずかに上昇する可能性があります。
乳癌は、自己検診のやり方を習って定期的にチェックするとよいでしょう。また、不正出血が続く場合は、子宮癌の検査の必要があります。
どちらも、これらの検査を含めた定期検診を受ければ安心です。期間は半年~1年に1回程度がよいでしょう。

副作用を正しく学ぶ

しかし最近の、最も信頼のおける研究データ(RCT)の結果を扱った論文では「第四世代のプロゲステロンを用いた低容量ピルの血栓症の発生率は、他と変わらない」という結果も出ています。
血栓症の発生率は、ピルの歴史的には含有卵胞ホルモン(エストロゲン)量に比例するという法則もあり、その観点で言えばヤーズは最も少ない種類に分類されます。

規則正しい生活、禁煙、肥満防止を心掛ければ、ヤーズはとても利用価値の高い薬です。副作用について意識しながらも、極端に恐れず使用してみるのもよい選択です。最初は医師に相談の上服用を開始すれば安心です。医師に副作用を起こし易い体質について尋ね、ヤーズについて正しい知識を身に付け、生活に取り入れてみて下さい。

お肌が気になる貴方も安心
ヤーズの通販
ヤーズ
ヤーズは副作用の原因である卵胞ホルモンの含有量が極端に少なく「超低用量ピル」と呼ばれる新しいお薬です。避妊効果のほかに、肌が綺麗になりむくみが取れる効果が期待出来るため、非常に人気があります。

ヤーズを飲んではいけない人

ヤーズというよりも、低用量ピルを飲んではいけない人は以下になります。

  • 35歳以上で1日15本以上煙草を吸う人
  • 血栓症の人
  • 乳癌、子宮癌の人
  • 高血圧の人
  • 妊娠中、授乳中の人

上記に当てはまる人は、医師と相談の上、ピル以外の避妊方法を採って下さい。