モーニングアフターピルとは

モーニングアフターピルとは このページでは、モーニングアフターピルについて解説していきます。
別名「緊急避妊薬」のモーニングアフターピルはどんな時に飲む薬なのか、また、その効果と飲み方についても詳しく説明致します。
病院や通販での入手方法について、そして通販で買える安心で効果の高いモーニングアフターピル、アイピルについてもお話もします。
避妊失敗!そんな時の緊急避妊薬
アイピルの通販
アイピル
アイピルは、緊急避妊の世界的スタンダード「ノルレボ錠」のジェネリック薬です。効果が高く低価格、しかも1回の服用でOK。信用出来るモーニングアフターピルです。

モーニングアフターピルってどんな薬?

モーニングアフターピルの効果

モーニングアフターピルの効果

正しい飲み方で飲んだ場合、モーニングアフターピルは高い避妊効果を発揮します。避妊成功率は最大で98%です。

避妊失敗後、いかに早く飲むかが成功率を左右します。24時間以内の服用での妊娠防止率は95%以上というデータがあります。25~48時間以内での服用では85%、49~72時間まででは58%と言われています。

尚、モーニングアフターピルは、必ず避妊失敗後72時間以内に飲んで下さい。受精卵が着床するまでの時間が、72時間と言われています。着床してからではモーニングアフターピルは効果がないので、それまでに飲まなければならないのです。

モーニングアフターピルの飲み方

コンドームが破れてしまった、抜けてしまった、つい危険日にセックスをしてしまった……そんな時に、多めの女性ホルモンを服用することにより、体内のホルモンバランスを急激に変化させ子宮内膜を剥がす=強制的に生理を起こさせて妊娠を防ぐためのお薬です。

危険なセックスから72時間以内に、なるべく早く1錠飲みます。薬の種類によっては、それから12時間後にもう1錠飲みます。
飲むのは、早ければ早い程効果が高いので、病院に行く場合は出来るだけ早く、通販で買う場合は、何かあってからでは遅いため、自宅に常備しておくことをお勧め致します。

モーニングアフターピルの注意点

服用にタイムリミットあり!

服用にタイムリミットあり!

前項でも触れましたが、避妊効果を得るには、危険な性交から72時間以内に1錠、もしくは2錠飲まなければなりません(薬の種類によって異なります)。

受精後、受精卵が子宮に移動し着床するまでが約72時間と言われており、それまでに飲むということです。
薬で強制的に生理を起こすことで、受精卵が着床するのを防ぐ、と理解しておきましょう。

つまり、モーニングアフターピルは「妊娠する前に生理で流してしまう薬」ということになります。
そのため、妊娠が確定してから飲んでも効き目はありません。ご注意下さい。

モーニングアフターピルの種類

現在日本の病院で処方されるモーニングアフターピルは、ヤッペ法ノルレボ法があります。

ヤッペ法

使用薬剤

プラバノール配合錠(成分=エチニルエストラジオール、ノルゲストレル)

特徴

元々は避妊用ではない中用量ピルを使用する方法。
多くのホルモンを服用するため吐き気などの副作用が強い。
効果は非妊娠率が96%、妊娠阻止率が57%

飲み方

性交後72時間以内に1錠服用、12時間後に2錠目服用。飲み忘れ厳禁!

費用(病院処方時)

5,000円~7,000円程度

医薬品副作用救済制度

適用外

ノルレボ法

使用薬剤

ノルレボ錠(成分=レボノルゲストレル)

特徴

ヤッペ法を改良し欠点を克服したもの。
卵胞ホルモン(エストロゲン)を服用しないため、血栓症リスクがない。吐き気なども少なめ。
効果は非妊娠率が98%、妊娠阻止率が81%

飲み方

性交後72時間以内に2錠服用。種類によっては1回1錠ずつ2回飲むものもある。

費用(病院処方時)

3,000円~15,000円程度

医薬品副作用救済制度

適用

オススメは効果が高く副作用の少ないノルレボ法

ノルレボ法は、ヤッペ法の欠点を解決するために開発されたものです。
卵胞ホルモン(エストロゲン)を摂取しないせいで様々な副作用が抑えられ、避妊効果も高いため、現在の緊急避妊の主流はノルレボ法になっています。

1回服用タイプのものは2錠目の飲み忘れを防ぐことも出来、副作用の吐き気も少ないため、吸収前に吐いてしまうことによる避妊失敗も起こりにくくなっています。

モーニングアフターピルを病院で

取り扱いがあるか電話確認

「母体保護法指定医」となっている婦人科はほとんど処方してくれますが、出掛ける前に電話で処方して貰えるかどうか確認しましょう。

繰り返しになりますが、モーニングアフターピルは服用のタイムリミットがあるので、病院についてから処方出来ないなんてことになったら、大変な時間のロスです。

病院処方のお値段

緊急避妊用にモーニングアフターピルの処方を受ける時は、保険適用外の自由診療となります。
そのためモーニングアフターピルの費用は、病院によって異なります。
3,000~15,000円程位が一般的であるようです。病院によって5倍もの値段になることもあるのですね!

これは、自由診療の場合は、病院が自由に価格設定出来るからです。

病院は「緊急事態」にしかくれません

モーニングアフターピルを病院でもらう場合、覚えておかなくてはいけないのは、「緊急事態に備えてもらっておくことが出来ない」ということです。基本的に、病院では「緊急事態が起こってからのみ処方」されます。つまり、モーニングアフターピルの買い置きは出来ません。

モーニングアフターピルを通販で

個人輸入代行業者から買う

モーニングアフターピルは処方箋薬ですが、個人の使用に限れば、処方箋なしで購入することは合法です。
通販で買う場合は、個人輸入代行業者から、海外の薬を買うことになります。
と、聞くと、心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、薬の成分は国内で処方されているものと同一になります。

また、輸入の面倒な手続きは代行業者がやってくれるため、業者のサイトから普通の通販感覚で購入することが可能です。

緊急事態が起こる前に

モーニングアフターピルは服用にタイムリミットがあるため、緊急事態が起こってから届くのを待っていたら間に合いません。

そのため、危険な性交の後で注文するのではなく、万が一の時の備えとして常備することが重要となります。すぐ飲む程に効果が高いことを考えても、通販で買っておくことは賢い選択と言えます。

モーニングアフターピルは緊急用

強い薬です。常用は不可

多めの女性ホルモンを一気に服用することで、無理矢理生理を起こして妊娠を防ぐ。
モーニングアフターピルの効き目の原理を知れば、性行為の度に飲んでいい薬ではないことは、女性なら誰でも分かると思います。

あくまで緊急用とし、毎週・毎月飲むような使い方は絶対にしないようにしましょう。

確実な避妊なら低用量ピル

モーニングアフターピルよりもマイルドで、かつ避妊効果も高いもの。それは低用量ピルです。
低用量ピルは、女性ホルモンを28日掛けて毎日少しずつ摂取することで、体を妊娠中に近い状態にし、排卵が起こらないようにして妊娠を防ぐお薬です。
飲み忘れなどの使用ミスがなければ、ほぼ確実に妊娠を防げます。

体に優しく、かつ確実に避妊出来る方法を試したいなら、低用量ピルをお勧めします。

望まぬ妊娠を避けるために

望まぬ妊娠を避けるために

とは言え、緊急事態に備えてモーニングアフターピルを常備することは、女性の体を守ることに大いに役立ちます。
妊娠中絶に比べたら、モーニングアフターピルの方が体にも心にも負担が少ないことは明らかです。

望まぬ妊娠を避けるためにも、是非正しい知識を学び、モーニングアフターピルという選択肢を覚えておいて下さいね。

尚、モーニングアフターピルは中絶薬ではありません。妊娠したあとでは効かないので、ご注意下さい。

お勧めのモーニングアフターピル、アイピル

現在、世界的に緊急避妊の主流になっているのは、ノルレボ錠です。
そのノルレボ錠のジェネリックとして、インドのシプラ社が開発したのがアイピルであり、 低価格で効果の高いモーニングアフターピルとして、よく知られています。

有効成分はノルレボ錠と同じで、合成黄体ホルモン(プロゲストーゲン)であるレボノルゲストレルです。
吐き気、頭痛、血栓症などの副作用を起こす卵胞ホルモン(エストロゲン)を含まないため、副作用が少なく、一度の服用で済み、かつ避妊効果が高いことで、非常に人気があります。

万一の危機の備えとして、アイピルを常備することを強くお勧めします。

以下に病院処方と全く同じアイピルを売っている、安心出来る通販サイトを挙げておきます。ご参考になさって下さいね。

避妊失敗!そんな時の緊急避妊薬
アイピルの通販
アイピル
アイピルは、緊急避妊の世界的スタンダード「ノルレボ錠」のジェネリック薬です。効果が高く低価格、しかも1回の服用でOK。信用出来るモーニングアフターピルです。