アイピルの値段徹底検証!通販と病院、より安く買うには

このページでは、アイピルの値段について解説していきます。
アイピルの入手方法は2種類。病院処方と通販です。扱っている薬は同じですが、値段は異なります。また、通販はまとめ買いか可能などの利点があります。

アイピル

アイピル

避妊に失敗してしまったら、72時間以内に服用!
避妊成功率は最高で95%です。
7箱セット:12,460円8,339円

アイピルの病院処方時の値段

10,000円前後

アイピルの取り扱い病院はまだまだ少ないのが現状ですが、病院で処方してもらう場合は、ノルレボ錠のジェネリックという扱いになります。
ノルレボ錠が一般的に16,000円前後であるのに対して、10,000円前後であることが多いようです。
結構なお値段になりますが、実際これは欧米と比較して5~10倍と言われています。

これに加えて、初診料、診察料、検査がある場合は検査料、その他、病院への行き来のための交通費などがプラスになります。

病院処方の良い点は、医師の判断と指導の下でアイピルを服用することになりますので、お値段は高めですが、安心感があることです。飲む前に、飲んでも大丈夫かどうか検査してもらえることも非常に有り難いですね。また、吐いてしまうことが心配な時は、医師に相談して吐き気止めを一緒に出してもらうことも出来ます。

病院ではまとめ買い不可

病院では、基本的にまとめ買いは不可です。

副作用で吐いてしまうと効果がなくなってしまいますが、だからといって吐く前から予備をくれる、ということは基本的にありません。吐いてしまったら、翌日また相談ということになります。吐いてしまって飲んだ分が無効になってしまうと、飲み直しをする間に時間が経ってしまいます。そうなると避妊成功率がぐっと下がってしまうので、医師に処方してもらった場合は、何が何でも吐かないことが重要になりますね。

取り扱いの有無を事前に確認を

病院でアイピルを処方してもらう場合は、その病院でアイピルの取り扱いがあるかどうか、電話などで事前確認しておきましょう。服用にタイムリミットがあるため、行ってみたら取り扱いがなかったなどという空振りは避けるようにしましょう。

アイピルを通販で買う時の値段

通販だと、安い!

処方箋薬であるアイピルですが、合法に通販で購入することも可能です。
通販の場合は、1,100~2,000円前後です。病院処方とは比較にならない安さです。

余りにも安いと心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、通販で買えるアイピルは、日本国内の病院で処方してもらうアイピルと、成分は全く同じものです。

まとめ買いも可能、割引も!

また、通販の場合はまとめ買いも可能で、通販サイトによってはまとめ買い割引があるところもあります。その場合は、単価を更に安く抑えることが出来ます。
アイピルは、吐き気などの副作用で吐いてしまうと効果がなくなってしまうため、念のために2つ持っていると安心です。安い通販なら複数買いも安心です。

もちろん、非常事態になってからじゃないと売ってくれないようなことは、通販にはありません。何も起こらぬうちから一応買っておくことも通販なら楽々出来ます。

強いホルモン剤であるため、何度も使用するのは体のためにもよくありませんが、万が一の時のために常備しておくのは賢い選択です。

常備しておくと、服用のタイムリミットに関しても安心です。危険な性交の後、服用が早ければ早いほど避妊効果が高いので、お守り的に自宅に常備しておくのがよいでしょう。

アイピル
1箱 1錠(1回分)
4.2
在庫状況
在庫あり
決済方法
  • カード
  • 銀行振込
配送方法
自宅郵送、郵便局留め可
アイピル

アイピルで避妊失敗大ピンチ回避!常備で更に安心♪

アイピル(緊急避妊薬) まとめ買いがお得です!

本日注文すると最短で12月2日(土)に届きます。

内容量…1箱1錠(1回分)
有効成分…レボノルゲストレル(levonorgestrel) 1.5mg(1錠中)
分類…緊急避妊薬
製薬会社…ピラマル・ヘルスケア