アイピルの副作用について。吐き気、胸の張り、眠気の対処法

このページでは、アイピルの副作用について解説していきます。
副作用を起こす成分と原理について、そしてアイピルを飲むのに適さない体質について説明します。
避妊失敗!そんな時の緊急避妊薬
アイピルの通販
アイピル
アイピルは、緊急避妊の世界的スタンダード「ノルレボ錠」のジェネリック薬です。効果が高く低価格、しかも1回の服用でOK。信用出来るモーニングアフターピルです。

ピルの副作用の主な原因=卵胞ホルモンは入っていません

アイピルの成分はレボノルゲストレル

アイピルの成分はレボノルゲストレルという合成黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)で、避妊薬ピルの副作用の主な原因である卵胞ホルモン(エストロゲン)を含有していません。

そのため、ヤッペ法に比べて副作用はかなり少ないという報告があります。

体内のホルモンバランスを急激に変える

とは言え、多めの黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)を摂取し、体内のホルモンバランスを急激に変化させることになるため、副作用はないとは言えません。

主な副作用

嘔吐には注意!アイピルの効果が無くなる場合も

一番よくある副作用は、胃のむかつき、不快感、吐き気、嘔吐です。
嘔吐にまで至った場合はアイピルを吸収前に吐き出してしまい、効き目がなくなってしまっている場合があります。

服用後3時間以内に吐いてしまった場合はもう1錠飲み直しましょう。
飲み直すべきか判断に迷った場合は、迷わず直ちに医師に相談して下さい。

アイピルは体内のホルモンバランスを急激に変化させるため、ほかにも様々な副作用があります。頭痛、めまい、胸の張り、腹痛、むくみなども起こる可能性があります。

最も怖い副作用のひとつ、血栓症は?

アイピルは卵胞ホルモン(エストロゲン)を含んでいないため、避妊用ピルの最も怖い副作用である血栓症のリスクはないと考えられています。

しかし注意が必要な場合があります。
アイピルと一緒にビタミンCを過剰摂取することは止めましょう。

アイピルと同じ成分のノルレボ錠は、一緒にビタミンCを過剰摂取することによって血栓症のリスクが高まり、頭痛・眠気・倦怠感・不正子宮出血なども起こり易くなるとして注意を促しています。

アイピルを飲んではいけない人

以下の人はアイピルを飲んではいけません。重篤な副作用が出る可能性があります。

  • 以前にノルレボ系の薬で薬疹やアレルギーが出たことがある人
  • 重い肝機能障害がある人
  • 妊娠している人
  • 授乳中の人

常用はNO!

安易な常用は絶対にやめましょう

アイピルも含めたモーニングアフターピルは、あくまで緊急の避妊法であり、常用したり、毎月の継続使用はお勧め出来ません。

繰り返しになりますが、無理矢理子宮内膜を剥がして強制的に生理を起こすことで妊娠を防ぐ訳ですから、女性の体に強い影響を与えることは言うまでもありません。

安易な性交をしても終わってから飲めばいいやという考えで常用することは、体によいとは言えません。

アイピルは緊急用。普段から確実に避妊するには

体に優しく、確実に避妊するには、低用量ピルを日々使用することを強くお勧めします。

アイピル
1箱 1錠(1回分)
4.2
アイピル

アイピルで避妊失敗大ピンチ回避!常備で更に安心♪

アイピル(緊急避妊薬) まとめ買いがお得です!

内容量…1箱1錠(1回分)
有効成分…レボノルゲストレル(levonorgestrel) 1.5mg(1錠中)
分類…緊急避妊薬
製薬会社…ピラマル・ヘルスケア